医療体制と介護

看護スタッフは24時間365日常駐し、介護スタッフも24時間365日常駐。
協力医療機関は近くの市立芦屋病院で、急な体調変化にも対応可能で安心です。

健康管理

  • 看護スタッフが24時間365日常駐。
  • 協力医療機関は近くの市立芦屋病院。
  • 嘱託医・歯科医が定期的に訪問し、施設の看護師と共に健康管理を行います。
  • 専属の理学療法士によるリハビリ施術(週一回)
  • 栄養士が常駐していて、栄養面・味ともに申し分ないお食事サービスを提供。
  • 各居室・共用部分にナースコールも設置されていて、万が一の時も安心。
お食事

介護サービス

  • 介護スタッフが24時間365日常駐で安心の住まい。
  • ①介護付き有料老人ホーム(外部サービス利用型)
    ②介護付き有料老人ホーム(地域密着型)
    ③特別養護老人ホーム(地域密着型)
    ④小規模多機能型居宅介護(地域密着型)
    の4事業が施設内に併設されているため、すべての介護段階に応じた終身介護が可能。
  • 施設内のケアマネジャーがケアプランを作成。
  • ①においては、食事・入浴・排泄・機能訓練のサービスは委託先の介護サービス事業者により提供。
  • ②においては、食事・入浴・排泄・健康管理・機能訓練のサービスも施設スタッフにより提供。
  • 各階には、ご利用者様の状態に応じた浴室があります。5階各居室にはこだわりのシャワーを設置。他にも機械式浴槽・ieバス等もあります。
  • 買い物代行サービスも充実。
  • ③においては、芦屋市在住の65歳以上の要介護で常時の介護を必要とする方に対し、施設内で食事・入浴・排泄・健康管理・機能訓練等のサービスを提供。
  • ④においては、在宅のご利用者様に、「通い」を中心に「訪問」と「宿泊」を組み合わせてケアプランを作成し、在宅生活を継続できるようお手伝い。(特徴としては、同じ職員が通い・訪問・宿泊を担当するので、顔なじみの関係でサービス提供が可能です。また、通常の通所介護・訪問介護等と異なり、24時間365日のケアを行うため、活動の幅が広いことが特徴です。)

看護・医療体制

症状 受入 病状 受入 病状 受入
介護食 流動食
・嚥下食
リハビリ
糖尿病
・インスリン投与
胃ろう 鼻腔・経管栄養
人工肛門
・ストーマ
在宅酸素療法 人工透析
褥瘡・床ずれ たん吸引 カテーテル・尿バルーン
気管切開 中心静脈栄養
(IVH)
× 脳血管性認知症
ペースメーカー 筋萎縮性側索硬化症
(ALS)
パーキンソン病
喘息・気管支炎 肝炎 統合失調症
疥癬
(かいせん)
× 梅毒
(ばいどく)
脳卒中・脳梗塞・クモ膜下出血
ブドウ球菌感染症
(MRSA)
アルツハイマー型認知症    
前頭側頭型認知症
・ピック病
レビー小体型認知症    
廃用症候群
・生活不活発病
うつ・鬱病    
関節症・リウマチ 骨折・骨粗しょう症    
心臓病・心筋梗塞
・狭心症
       
○ 受け入れ可能 × 受け入れ不可 △ ホームにお問い合わせください